ニキビの症状に合わせた対応をしましょう

MENU

症状によって治し方も様々

 

にきびの治療法には症状に応じた多種多様なものがあります。
一番多く行われているものは外用薬の処方です。

 

これらには抗生物質の含まれた薬剤を使うものと、毛穴の詰まりを改善したり、予防する効果のある薬剤を使うものとがあります。
抗生物質はすべて症状に対して広く使われている薬で、症状の原因菌となっているアクネ菌を殺菌することができます。

 

毛穴の詰まりを改善したり、予防をすることができる薬剤は、目に見えない小さな毛穴の詰まりを解消することが可能な他、硬くなってしまっている角質層の状態改善にも役立ちます。

 

にきびの治療においても内服薬が処方されることがあります。

 

内服薬が処方されるのは、症状が重度であると判断された場合で、経口型の抗生物質が使われることが大半です。
症状を改善する療法にはホルモン調整療法も挙げられます。

 

ストレスなどの様々な要因で女性ホルモンの分泌量よりも男性ホルモンの分泌量が優位になってしまいますと、皮脂の分泌量が増加するためできものができやすくなってしまいます。

 

こういった状態を改善し、ホルモンバランスを整えるために低用量ピルや抗男性ホルモン薬が使われます。
ビタミン剤による治療もよく行われています。

 

これは皮膚のトラブルがビタミン不足によって引き起こされるということに着目した療法です。
ビタミン剤を投与する療法では、皮膚と粘膜に良い効果があるとされるビタミンB2、B6、Cが使われます。

 

これら以外の療法にはレーザー照射があります。

 

レーザーを照射することにより、アクネ菌の殺菌や毛穴のつまりの除去をすることができます。