肌に悪いたばこやメイクについて

MENU

やっぱりにきび肌に悪いものはコレ!

 

タバコは健康に害がある、ということは誰しもが知っていることでしょう。
しかしタバコはにきびの原因になるということも知っているでしょうか?

 

今タバコを吸っていて肌トラブルで悩んでいる方は、そのたばこが原因の一つになっている可能性が高いです。
タバコを吸ってしまうことでにきびができやすくなり、そして跡も残りやすくなります。

 

タールがメラニンが作られるのを活発にしてしまうからです。
治療を行いたいというのならば、まずは禁煙を行ってみる、というのも治療の一つだと思います。

 

健康にもよいですから、考えてみてください。
そして治療中に気になってしまうのが、メイクではないでしょうか?

 

メイクはしない方が良いです。
せっかく良くなってきている部分に負担がかかります。

 

しかし仕事や買い物のために外に出る場合は、女性ならメイクがしたくなるはずです。
そんな時には利用する化粧品を見直してみましょう。

 

油分の多い化粧品を使っていませんか?
今油分が多い化粧品をたくさん使っている人でにきびの悩みがある人は、その化粧品が原因となっている可能性もあります。

 

パウダーファンデーションなどにかえてみましょう。
また厚塗りになっていませんか?

 

最近は薄塗でも十分にカバー力があるタイプが登場しています。
そちらを利用して、少しでも肌の負担を抑える努力をしてください。

 

必死になって患部をごまかそうと厚塗りする人もいますが、それではかえって目立ってしまいますし負担になるだけですから、薄く塗ることを心がけてください。